Back to News List

モータースポーツ

2017.09.14

Volume 7

アーーーーーーーーーって叫びたいです。笑

もてぎからチャンピオンの可能性がありましたが、結局、最終戦まで長引くことになりました。最近のトムスは速いですね。今回のオートポリスでチャンピオンを決めたいと思い挑みましたが、2レースともに3位と勝つことができず、悔しいレースウィークとなってしまいました。

金曜日の走行では走り出しからマシンのバランスはアンダーで全然曲がらない状況でした。TOPから0.5秒以上離されていたのですが、エンジニアと改善策を見つけて、最後のセッションまでになんとか予選を戦えるまでのタイム差まで持ってこれたように思いました。

しかし、予選ではなぜかタイムが出ない状況になってしまいました。金曜日に出した自分のタイムが予選で出せないくらいの不調で、予選を4位と3位で終えることになってしまいました。

表彰台に乗ることはマストという状況なので、それだけを考えてレースに挑みました。このレースウィークはスタートに不安感がありうまく決められるかわからなかったのですが、1レース目は3位に上がりました。周回を重ねていくにつれて2位の選手のペースが悪くなってきて、最終ラップのストレートでサイドバイサイドになりましたが抜くまでのスピードはなく、3位のままゴールしました。

2レース目もスタートと思いましたが抜くことができず、順位をキープ。そのまま3位をキープしての走行でしたが、前方のマシンにも差をつけられてのゴール。しかし、幸いなことにファステストラップが取れたのは嬉しかったです。ポイントリーダーの意地を見せれました。笑 ファステストラップの1ポイントを取ったことにより、最終戦のSUGOで6点を取れば自力でチャンピオンになれるからです。ファステストラップがなければ8点差だったので、今の状況を考えると2点って大きくなってきますから。

正直、辛いです。苦戦してます。
すぐそこまでチャンピオンが来てるのに、全然近くに感じません。

おそらくSUGOでも今回同様に厳しい週末になると予想していますが、それでもチャンピオンだけは必ず獲ります。獲れるようにチームと頑張ります。

今は僕たちが苦しいですが、シーズン前半はトムスが苦しかったっていうこと。だから今の時点でポイントが拮抗してるんですよね。そういう時こそポイントの取りこぼしがないようにやっていこうと思います。

次戦ではチャンピオンが取れるように今まで以上の応援よろしくお願いします。

   Back to News List