MENU

MENU

TOP > NISMO大森ファクトリートップ > FACTORY LINE > SPORTY DRIVING CHECK for NISSAN GT-R(R35)

FACTORY LINE

SPORTY DRIVING CHECK

NISSAN GT-R (R35)が持つ本来の性能を発揮させ、故障や破損の発生を未然に防ぐスポーツ走行点検メニュー

NISSAN GT-R(R35)では、スポーツ走行する場合の「前/後点検」が重要です。
この点検を実施することで、サーキット走行やVDC-R Offでの走行後に日産の車両保証を再度適用(復帰)させることができます。また、様々な点検項目がありますので、日常点検の一つとしても活用頂ける内容となっています。
さらに大森ファクトリーのシャシーメカニックは、全員がGT-R認定メカニック。その豊富な経験を生かした車両セットアップのアドバイスを通じ、様々な場所でのドライビングをお楽しみください。

1.油脂類及び冷却水

車体下回りからのオイや冷却水の漏れ、にじみ 点 検
エンジンオイル量調整/点検(油温履歴、漏れ、にじみ) 点 検
加圧式リザーバータンク冷却水の量と濃度の調整 調 整
パワーステアリングフルードの量及び漏れ 点 検
ブレーキフルードの量 点 検
トランスミッション&ファイナルデファレンシャルオイル点検(油温履歴、漏れ、にじみ) 点 検

2.エンジン

触媒コンバーター周辺への熱害有無 点 検
マフラーフィニッシャーとリヤバンパーのクリアランス点検(GT-R専用純正マフラー装着車のみ) 点 検
マフラーと周辺部品のクリアランスの確認と調整 点検・調整

3.トランスミッション

クラッチクリアランスとシフトフォーク位置の調整 調 整
タイトコーナーブレーキング現象が極端に大きくなっていないか 点 検

4.ドライブシャフト

ドライブシャフトユニバーサルジョイントのダストブーツの亀裂及び損傷 点 検

5.ブレーキシステム

ブレーキパイプ、ホースの漏れ、損傷、取付け状態 点 検
ブレーキパッドの状態(摩耗、焼け具合、亀裂や損傷) 点 検
ブレーキディスクの状態(摩耗、亀裂や損傷) 点 検
ブレーキマスターシリンダー、キャリパーの液漏れ 点 検
フロントブレーキパッドのグリースふき取り 清 掃
フロントブレーキパッドのグリース塗布 給 油
フロントブレーキフルードのエア抜き
(新車後やブレーキフルード交換後の初回スポーツ走行時又はハードなスポーツ走行時)
点 検
ブレーキ周辺部品の熱劣化有無の点検 点 検
ブレーキパッドの慣らし(パッド交換後の初回スポーツ走行時のみ)*NCCB装着車以外 点 検
スプラッシュガードとブレーキローターのクリアランス確認*NCCB装着車のみ 点 検
エアガイド周辺のクリアランス確認*NCCB装着車のみ 点 検

6.ホイール・タイヤ

ホイールバランスウエイトのアルミテープ貼付け 交 換
タイヤ脱着時ホイールナットなめの有無 点 検
ホイールナット取り付け部座面変形の有無 点 検
ホイールナット及びドライブシャフト用センターナットの緩み 点 検
ホイールナットの規定トルク締付け 締 付
ホイールベアリング(ハブ)のガタつきや回転方向の引っかかりの有無 点 検
タイヤとホイール内側のタイヤ位置「合わせマーク」付け 点 検
ホイールとタイヤの回転方向合わせの位置ずれ(リムズレ)の有無 点 検
タイヤ内圧の点検と調整 点検・調整
タイヤのエアーバルブとナットの緩み 点 検
窒素漏れ(エア漏れ)の有無 点 検
タイヤの溝の深さ 点 検
タイヤの異常摩耗 点 検
タイヤの亀裂や損傷 点 検
タイヤアウター側のサイドプロテクター(サイドウォール)の状態 点 検

7.ステアリング

ステアリングシステムのロッド、アーム類のボルトナットの緩み、ガタ及び損傷 点 検
ステアリングギアボックスの取付けの緩み 点 検

8.サスペンション

ショックアブソーバーの損傷、油漏れ 点 検
サスペンション取付け部、連結部の緩み、ガタ及び損傷 調 整
ホイールアライメントの測定(調整) 点検・調整

※油脂代および消耗部品代は、点検費用に含まれません。
※ホイールアライメント調整費用は、点検費用には含まれません。
※点検結果により追加整備が発生した場合は、別途費用が発生します。

価格

大森ファクトリーまでお問い合わせください。