NISMO PARTS CATALOGUE 2018
157/348

155Initial torque setting of 6kgf・mThe carbon cloth facings of the GT L.S.D. Pro Carbon have been manufactured to meet NISMO's high standards for durability. Significant testing of the LSD series in grip races has shown that 6kgf・m is the optimum level of initial torque for even LSD operation. GT L.S.D. Pro Carbon's initial torque is set to LOW (approximately 8kgf・m)*1 at the time of shipping. If usage leads to the initial torque's falling below 6kgf・m, the setting can be changed to MIDDLE or HIGH to preserve the standard level of initial torque without disassembly of the LSD unit.※The carbon facings employed in the GT L.S.D. Pro Carbon were designed to produce an initial torque of 6kgf・m. Even when the MIDDLE (approx. 11kgf・m)*1 or HIGH (approx. 17.5kgf・m)*1 settings are used, the initial torque will settle at 6kgf・m after about 100km of driving and remain stable there. Since the design specification for initial torque at all settings is 6kgf・m, please be aware that "pushing" the initial torque will result in excessive wear to the LSD and shorten its lifespan.*1 Values at time of shipping are design standards.Smoother LSD OperationBecause of the superior friction to velocity efficiency of carbon facings, stick-slip is limited while power and operational stability are greatly improved. With an LSD performance that is smooth from the start, excellent oil viscosity is maintained and LSD operation is little effected by tire wear or road conditions.Ideal for circuit time attack or street useThis LSD's operation was perfected to deliver the maximum grip needed for circuit racing. It will give you superior traction whatever the tire or road conditions. The great stability of the GT L.S.D. Pro Carbon <2-WAY> also makes it ideal for normal street use, where road conditions can be poor and where too powerful an LSD can actually reduce efficiency. Compared to the GT L.S.D. and the GT L.S.D. Pro, this is the best choice for street use.イニシャルトルク6kgf・mに設定GT L.S.D. Pro Carbonは、カーボンフェーシングの磨耗特性を独自に設計。GT L.S.D.シリーズでのサーキットグリップ走行において最適なL.S.D.作動領域であるイニシャルトルク6kgf・mで安定する仕様となっています。更に出荷時のセレクト位置をLOW(約8kgf・m)注1)とすることで、トルクが6kgf・m以下となった場合でもMIDDLE、HIGHに切り替えることで、L.S.D.本体を分解することなく、イニシャルトルクを維持することができます。※イニシャルトルク6kgf・mをターゲットに設計したカーボンフェーシングを使用しているため、MIDDLE(約11kgf・m)注1)、HIGH(約17.5kgf・m)注1)で使用されても100km走行程度でイニシャルトルクは6kgf・mまで落ち、安定します。全てのセレクトポジションで6kgf・mで安定する仕様となっておりますので、不要にイニシャルトルクを上げると過度な磨耗によりL.S.D.の消耗を早めますので、ご注意ください。注1)出荷時における設計基準値です。よりスムーズなL.S.D.作動特性μ-V特性に優れたカーボンフェーシングにより、スティックスリップを抑制し、駆動特性と操安性の向上を図りました。L.S.D.の効き始めからスムーズかつ安定してμが発生し、タイヤの磨耗状況や路面コンディションの変化でL.S.D.作動特性に変化が起きにくい仕様となっています。サーキットタイムアタックやストリートユースに最適いかなるタイヤコンディション、路面コンディションにおいても常に高いグリップ力を求められるサーキット走行においてL.S.D.の理想的な作動により高いトラクションを発生させます。また、この特性は路面環境が悪いストリートユースにおける通常走行の際、不要に強いL.S.D.の効きを抑止しますので、ストリートユース時においてGT L.S.D./GT L.S.D. Proと比較して快適にご利用頂けます。イニシャルトルク推移初期イニシャルトルク実験途中イニシャルトルク実験終了イニシャルトルク6.08.58.37.09.87.51920181614121086420イニシャルトルク[kgf・m]差動回転速度摩擦係数 μ0.200.180.160.140.120.100.080.060.0430℃60℃100℃差動回転速度摩擦係数 μ0.200.180.160.140.120.100.080.060.0430℃60℃100℃EXTERIORCOOLINGLINKBUSHBRAKEWHEELENGINEPARTSSUSPENSIONNISMOHERITAGEOILOIL FILTERINTERIOREXHAUSTLSDCLUTCHMISSION

元のページ  ../index.html#157

このブックを見る