NISMO PARTS CATALOGUE 2018
155/348

153イニシャルトルク内圧式可変機能付(6.5-8.5-14.0kgf・m 注1))GT L.S.D. Proには、L.S.D.本体を分解せずにイニシャルトルクを3段階(LOW-MIDDLE-HIGH/6.5-8.5-14.0kgf・m)に切り替えられる機能が付いています。これによりドライビングスタイルやタイヤ、サスペンションチューニング、走行条件の変化によって比較的簡単にイニシャルトルクを変えられます。また、イニシャルトルクが経年低下した際もイニシャルトルクを切り替えることにより、LOWなら2回、MIDDLEなら1回分のオーバーホール費用を節約できます。L.S.D.を酷使する方には、GT L.S.D. Proをお勧めします。その他、基本性能はGT L.S.D.と同一です。注1)イニシャルトルク内圧式6.5-8.5-14.0kgf・mは設計基準値です。慣らし(初 期のプレートの馴染み)を終えると、LOW5.0~5.5-MIDDLE7.0~ 7.5-HIGH12.5~13.0kgf・mで安定します。出荷時はMIDDLEです。ピニオンメイトシャフトの中に皿バネ(写真③)と、皿バネを押しつけるプレート(写真②)がセットされています。プレート②には深さの異なる3つの溝が切ってあり、溝の深さに応じて皿バネの反力が変わることで、イニシャルトルクが変更されます。〈参考〉プレート(写真②)は、反対側(図右側)からキャップ(写真①)により押しつけられています。Clutch-type LSD with adjustable initial torque (6.5-8.5-14.0 kgf・m*1)The GT L.S.D. Pro is the ideal solution for drivers who are spending too much time working on their LSD. Otherwise identical to the standard GTL.S.D., the GT L.S.D. Pro adds one unique feature: you will be able to re-set your initial torque with just a turn of your socket wrench and without disassembling your LSD. With a low, middle and high setting (6.5 - 8.5 - 14.0 kgf・m), easy adjustments can be made for changing driving styles, tires, suspension, tuning or track conditions. As initial torque decreases with aging parts, changing the initial torque setting -LOW twotimes, MIDDLE once- will save you money on overhaul costs.*1 The design standard for initial torque output values is 6.5 - 8.5 - 14.0 kgf・m. After the LSD is broken in and the plates are working well together, these figures will stabilize at LOW: 5.0 to 5.5; MIDDLE: 7.0 to 7.5; HIGH: 12.5 to 13.0 kgf・m. The GT L.S.D. Pro ships pre-set to the "middle" setting.【Parts & Build 】The plate springs (#3 top right) press against the adjustment plate (#2 top right) inside the pinion mate shaft and function together as a set. Three different grooves of varying depth are cut into the “adjustment” plate (2). Initial torque is changed by depressing the spring and moving the plate to the groove corresponding to the desired setting.〈Details〉The plate (#2 top right) is held (fitting into “Right side”) by the cap (#1 top right) and reset.【Re-setting initial torque 】With the car raised on a jack or rack, the right side axle is unbolted and the side flange removed. A ratchet and socket can then be inserted to turn the pinion mate shaft left for low, center for middle, right for high.推奨イニシャルトルクサーキット走行:LOWストリート走行:LOWドリフト走行:MIDDLEGT L.S.D.Proカム角表タイプ1.5WAY2WAYGT L.S.D.Pro(ドライブ側/コースト側)55°/1°55°/45°HIGH〈14kgf・m〉MIDDLE〈8.5kgf・m〉LOW〈6.5kgf・m〉ストリート実際に得られるイニシャルトルクオーバーホール時に設定する位置サーキット12(オーバーホール時期)ドリフトGT L.S.D. Pro〈2WAY&1.5WAY〉Featuresオーバーホール費用を削減できるプロモデル。COMPETITION※車種別適合はp159~をご覧ください。※中央の6角ボルト(上記写真①の表面)をレンチで回して切り替えます。車をジャッキアップし、右側のサイドフランジを抜くと、レンチ一本でイニシャルトルクの切替が可能です(右に回すと「HIGH」、左に回すと「LOW」)。【イニシャルトルク可変機能の仕組み】【イニシャルトルクの変更方法】②③②⑤④③MIDDLE(出荷時)LOW(左回し)HIGH(右回し)ドライブ側左側右側①浅い 深いプレート②ピニオンメイトシャフト分解カット④⑤(HIGH)(MIDDLE)(LOW)①・溝が浅い=イニシャルトルクが高い(皿バネの反力が高い)・溝が深い=イニシャルトルクが低い(皿バネの反力が低い)車をジャッキアップし、右側のサイドフランジを抜くと、レンチー本でイニシャルトルクの切替が可能です(右に回すと「HIGH」、左に回すと「LOW」)。EXTERIORCOOLINGLINKBUSHBRAKEWHEELENGINEPARTSSUSPENSIONNISMOHERITAGEOILOIL FILTERINTERIOREXHAUSTLSDCLUTCHMISSION

元のページ  ../index.html#155

このブックを見る