NISMO NEWS FLASH #040035
2004.04.16



ニスモ役員人事
新社長に眞田裕一が就任



 ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル株式会社(ニスモ)は、4月1日付けで社長の交代を発表した。佐々木健一に代わり、常務取締役であった眞田裕一が代表取締役社長に就任する。

 眞田は1972年に日産自動車に入社後、車両設計部門に携わり、主にシャシー設計を長く担当した。4年半に亘る欧州勤務を経験した後、プリメーラ(P11型)の商品主管、アルティマ、ティアナ、ムラーノのチーフビークルエンジニア(CVE)を歴任。2003年4月、ニスモに入社し、企画部ジェネラルマネジャーとなる。同年7月には常務取締役に就任した。

 佐々木はニスモ相談役に就任し、また、日産自動車のモータースポーツ活動を統括するグローバルモータースポーツオフィサーの任を引き続き担当する。

 なお、ニスモは、同日付で組織変更を行い、新たにモータースポーツ事業部を新設した。これまで技術部、営業部の2部門がニスモの基幹事業である、モータースポーツ活動、ハイパフォーマンスパーツの開発・販売を担ってきたが、新事業部はユーザー向けモータースポーツ車両の開発およびグローバルな販促活動を担当する。







上記に関するお問い合わせ先

ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(株)
http://www.nismo.co.jp/misc/contact.html
ニスモ・インフォメーションセンター