NISMO NEWS FLASH #030003
2003.01.16



新型スカイライン・クーペ(CPV35)用
「NISMOスポーツパーツ」発表


 ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル株式会社は、このたび新型スカイライン・クーペ(CPV35)用「NISMOスポーツパーツ」ラインアップを新設定し、全国のNISMOエキスパートショップ、日産販売会社、日産部品販売会社、全国有名ショップ、およびNISMO製品取扱ショップなどを通じて順次発売いたします。

 新型スカイライン・クーペ(CPV35)用「NISMOスポーツパーツ」は、スポーティなドライビングを楽しむためのサスペンション、軽快なサウンドを奏でるマフラー、ブレーキパッドなど定番チューニングパーツを専用設計。また、エアロダイナミクスパーツ、コンビネーションメーター、アルミホイールなど、待望のスポーツクーペにふさわしい機能パーツを取りそろえました。

「サスペンションシステムG-ATTACK S-tune」は、前後約20mmローダウンで安定したフォルムを実現。度重なる実車テストを経て車両の動きをしっかり抑えたスポーティな走りと、しなやかな乗り心地を両立しています。高速走行時にはより安定感を高め、コーナリング時にはステアリングレスポンスを高めつつロールスピードを抑えコントロール性の高いハンドリングを実現しました。また、乗り心地と操縦安定性を高次元で両立させるため、サスペンションとスタビライザーを合わせて、セッティングしました。

「ヴェルディナステンレスマフラー」は、スポーツドライビング時のエンジンのレスポンスと性能のさらなる向上を目的に開発した、オールステンレス製マフラーです。フロントパイプは集合位置を変更しトルク特性の見直しを図るとともに、センターパイプ径の大径化により高回転領域での排圧を低減させました。中低速トルクにも配慮しつつ高回転域でのパワーアップを実現します。メインマフラーはステンレス(SUS304)製のストレートタイプ。また排気音は、適度に抑制の効いたNAエンジンらしい心地よい音質となっています。

「エアロキット」は、新型フェアレディZより実現した「GRAN TURISMO」とのコラボレーションモデル第2弾。 NISMOのデザインコンセプトをベースに、「GRAN TURISMO」開発陣によるデザインスタディを行い、NISMOのエアロダイナミクステクノロジーの投入と、実車風洞実験によるセッティングを行うことにより誕生しました。新型スカイラインクーペをよりスポーティにドレスアップするとともに、空力性能を向上させます。空力特性はCD値(空気抵抗数)の変化を最小限に抑え、フロント、リアのダウンフォースを増加し、前後のCL(揚力)バランスをとることにより、高速走行時のタイヤの接地性を向上させ、操安性アップとトラクション確保を達成しました。

「アドオンスポイラー」は、フロントバンパースポイラーのリップ先端部分に装着することで、フロントスタイルをより低く見せ見栄えを向上させると共に、ボディ下面に入る空気流を抑制し、リフトが軽減するため空力性能が向上します。また、材質をゴムとすることで、低車高時の路面干渉を感知しやすくすると同時にバンパーを保護する役目も果たします。

「コンビネーションメーター」は、スピードメーターを280km/h表示とし、内側にマイル表示を追加することで、ワールドワイドなイメージを実現しています。タコメーター文字盤に「NISMO」ロゴをプリントし、パネルデザインはスポーティなホワイトタイプを採用しています。


→新型スカイライン・クーペ用NISMOスポーツパーツの商品概要はこちらをご参照ください。





上記に関するお問い合わせ先

ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(株)
http://www.nismo.co.jp/misc/contact.html
ニスモ・インフォメーションセンター