Back to News List

イベント

2018.11.02

NISMO Festivalで日産フォーミュラEカーが初のデモ走行を披露
60年にわたる日産のグローバルモータースポーツ活動を彩った名車の走行・展示も

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:西川 廣人)とニッサン・モータースポーツ・インターナショナル株式会社(本社:神奈川県横浜市鶴見区、社長:片桐 隆夫)は本日、12月2日に富士スピードウェイ(静岡県駿東郡)で開催するファン感謝イベント「NISMO Festival」において、日産フォーミュラEカーが日本で初めてデモンストレーション走行すると発表しました。

21回目を迎える今年のNISMO Festivalでは、2週間後にサウジアラビアのリヤドで開催されるFIAフォーミュラE選手権の開幕に先駆けて、シーズン5を戦う日産の新型フォーミュラEカーがその走りを日本で初めて披露します。また、日産/NISMOの往年の名ドライバーや現役ドライバーが参加し、60年にわたる日産のグローバルモータースポーツ活動を彩った名車や最新のNISMOロードカーが一堂に会します。

今回のNISMO Festivalでは、クルマがエネルギーをどのように使い、どのように走るのか、そして社会とどのようにつながっていくのかということを再定義することで日産車をより魅力的なクルマにするアプローチ「ニッサン インテリジェント モビリティ」が提供する優れたパフォーマンスを示すため、100%電気駆動のフォーミュラEカーに加え、日産の電気自動車によるデモンストレーションも行われます。

NISMO社長、及び、日産のNISMOロードカー事業を統括する片桐隆夫は、「フォーミュラEのレースは日本では開催されていませんが、NISMO Festivalでその走りを日本のファンの皆様にお見せすることが出来てうれしく思います。『ニッサン インテリジェント モビリティ』の技術は、お客さまにワクワクと利便性を提供します。そして、日産/NISMOのエンジニアやドライバーはレース活動を通じて、その魅力をさらに高めることに取り組んでいます。今回のNISMO Festivalはその取り組みをモータースポーツファンの皆様にご覧いただける素晴らしい機会となるでしょう」と語りました。

1958年オーストラリアラリーでのクラス優勝から始まる日産のグローバルモータースポーツ活動は、今年60周年を迎えます。NISMO Festivalでは、これを記念して、1950年代から80年代に活躍したラリーカーや90年代のプロトタイプカー、最新のGTカー、そして未来のフォーミュラEカーまで、国内外で活躍した車が50台以上揃います。また、今年は、これまで以上にお客さまと車両との距離を縮め、ドライバーとの触れ合いの機会を増やしています。

会場では、コースイベントのほか、日産/NISMOドライバーのサイン会やトークショー、キッズコンテンツやファミリーでお楽しみいただける物販ブースの出展なども予定しています。

イベント名 NISMO FESTIVAL at FUJI SPEEDWAY 2018 Supported by MOTUL
日程 2018年12月2日(日)
時間 8:30~16:00 (予定)
場所 富士スピードウェイ(静岡県駿東郡)
主催 ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル株式会社
後援 日産自動車株式会社
イベントサポートスポンサー MOTUL
概要(予定) レーシングイベントエリア レースカー走行、展示
(NISMO Carsパレード、Z Challenge
ヒストリックカーエキシビションレース
Formula Eカーデモラン、NISMO GP 他)
スタンドイベントエリア ドライバーサイン会、ハイタッチ会、レースクイーンステージ
日産/NISMOグッズ販売、レースカー使用パーツ販売、キッズ企画
パドックイベントエリア 出展各社PR/物販ブース
入場料 前売り 2,000円(当日 2,500円)中学生以下・65歳以上は入場無料
駐車料金 1,600円(4輪)、800円(2輪)
オフィシャルサイト http://www.nismo.co.jp/event/festa2018/

【ご参考】
昨年の様子はこちらでご覧いただけます。 https://www.youtube.com/watch?v=U8igDB4LpQA

Back to News List