モータースポーツ

2018.05.20

Round 3 SUZUKA GT 300km RACE

GT500クラス決勝

カルソニック IMPUL GT-Rが4位、GT-R全車がポイント獲得

SUPER GT第3戦決勝レースで、予選6位からスタートした#12 カルソニック IMPUL GT-R(佐々木大樹/ヤン・マーデンボロー)がポジションを上げて4位入賞。残る3台のGT-Rもそれぞれ順位を上げ、全車がポイントを獲得した。

前日に続き快晴の鈴鹿は風も穏やかになり、レースには絶好のコンディション。鈴鹿サーキットの計時システムに不具合が生じたため、決勝レースは予定よりも40分遅れて、午後3時20分にスタートした。マーデンボローがスタートドライバーを務めた#12 GT-Rは、スタートで1台をかわして5番手にポジションアップ。13周目に他車のアクシデントでセーフティカーが導入されたことで、それまでに築かれていた4位との差を一気に詰めた。18周を終了したところでセーフティカーが隊列から離れ、19周目からレースが再開したが、このタイミングで2位と4位を走行していたマシンが早めのピットインを選んだため、#12 GT-Rは3位になり、24周を終えたところで後半スティントに入った。佐々木にドライバー交代した#12 GT-Rは暫定6位でレースに復帰。全車がピット作業を済ませると、再び5位に戻って前を追いかける展開になった。一時は1秒を切る差で接近戦になっていた#17 NSX-GTとの戦いは、相手がドライブスルーペナルティを受けたことで決着し、#12 GT-Rが4位浮上。終盤に追い上げてきた#36 LC500とは最終ラップでテール・トゥ・ノーズの戦いになったが、佐々木が巧みなライン取りでブロックし、約0.6秒差で先にチェッカーを受け、4位入賞となった。

この鈴鹿戦にポイントリーダーとして臨み、唯一1ランクダウンの燃料リストリクターを装着している#23 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)は最後尾の15位スタート。この鈴鹿戦でSUPER GT参戦100戦目を迎えたクインタレッリがスタートドライバーを務め、オープニングラップで2台をオーバーテイク。さらに9周目のヘアピンコーナーでは、GT300のバックマーカーも現れ混戦模様となったなかで一気に2台をかわし、レース序盤で11位までポジションを押し上げた。勢いそのまま、12周目に再びヘアピンコーナーで1台をかわし、10位に上がってから26周を終えてピットイン。松田にドライバー交代し、暫定8位で後半に入った。アウトラップでも冷えたタイヤで巧みに順位を守り、さらに他車のペナルティやルーティーンのピットインで上位のマシンが後退したため、38周目には5位に浮上。前を行く#12 GT-Rとの差を懸命に詰めていたが、終盤#36 LC500に先行され、6位フィニッシュとなった。

#3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R(本山哲/千代勝正)は、スタートドライバーの本山が前半に粘りの走行。日産勢の中では早めの19周を終えたところでピットに入り、千代にドライバー交代した。タイヤ交換も済ませ、21周目にはレース中の自己ベストタイムを記録。全車のピット作業が終わったところでポイント圏内の9位に入ると、そこから最終ラップまでの約20周は、#19 LC500、#38 LC500との3台での接近戦が続いた。40周目に#19 LC500をかわし、さらにペナルティで後退したマシンもあり、#3 GT-Rは7位を走行。最後まで#38 LC500の猛追をしのぎ、7位でチェッカーを受けた。

#24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R(ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ/高星明誠)も11位からオリベイラがスタートし、23周を終えてピットイン。後半スティントの高星もミスなく走り切り9位でフィニッシュ。鈴鹿で行われた久々のスプリントレースで、GT-R勢は全車がポイント獲得となった。

ヤン・マーデンボロー (#12 カルソニック IMPUL GT-R/決勝4位)
「1周目のオーバーテイクはうまく抜けたように見えたかもしれませんが、結構タフな戦いでした。しかし、なんとか順位を上げることができましたし、その後のピットストップも、大樹のスティントも良かったと思います。表彰台までもう少しのところだったので残念ですが、チームの調子はいいと思うので、次戦はさらに上を目指して頑張ります」

佐々木大樹 (#12 カルソニック IMPUL GT-R/決勝4位)
「(#36 LC500が来たときは)全然ペースが違ったので、最終ラップでうまく対処して4位を守れてよかったです。今回は(第2戦)富士と違って守るレースになってしまいました。なんとか4位を獲れたのは、チャンピオンを目指すためにはいいことですが、次戦のタイは守りのレースではなく、速さを見せて攻めのレースをしたいと思います」

決勝ダイジェスト

公式リザルト:5月20日(日)決勝結果

SUPER GT インフォメーション : Round 3