Report
Round 8 Contents
Race Calender

FAIRLADY Z

NISMO FESTIVAL
Round 8
国内随一の伝統を誇るテクニカルコース
鈴鹿サーキットはF1GPを毎年開催する日本を代表するサーキットで、国内随一の伝統を誇るテクニカルコース。立体交差を持つ8の字型レイアウトも世界的に珍しい。 コースは2本のストレートをテクニカルセクションと高速コーナーでつないだもので、特に前半のS字における車両バランスが重要なファクターとなる。代表的なパッシングポイントはシケイン進入と1コーナー。グランドスタンドはこの秋に新装なり雰囲気が変わった。 最終戦でGT500/GT300共にチャンピオンが決定することもあり、非常にタフな戦いとなることが予想される。
GT500 class
  エントリーリスト(GT500)
  予選1回目
G’ZOX・HASEMI・Zが7位、モチュールピットワークZは9位、ザナヴィニスモZも10位でスーパーラップへ
  予選2回目/スーパーラップ
G’ZOX・HASEMI・Z 7位、ザナヴィニスモZ 9位、モチュールピットワークZ 10位
  フリー走行
ニスモの2台は雨のチャンピオン決戦に向けて準備完了
井出有治とカルソニックインパルZも復活
  決勝
ザナヴィ ニスモZが僅差の2位表彰台に
ニスモは3年連続のチームチャンピオンを獲得


GT300 class
  エントリーリスト(GT300)
  予選
CCI・リカルデント・ADVAN Zとエンドレス アドバンZ3列目を確保
Dream Cube’s ADVAN Zは12位
  決勝
雨で短縮されたレースでDream Cube’s ADVAN Zが4位に